年収が高い 残業ゼロ 満足度が高い 求人件数が多い 評判が良い 全国に対応
トップページ 転職サイトメリット 成功させるポイント Q&A
トップページ 年収が高い 残業ゼロ 満足度が高い 評判が良い

看護師からの転職を成功させたい方は必見!

現在看護師の方で転職を考える理由としてこんな要因はありませんか。

「現在の職場のシフトが過酷すぎる」・「人間関係が悪い」「夜勤が辛い」などと問題を抱えていませんか。

いろんな辞めたいと思い要因がある中で、看護師をやめてしまった方々の中で最も多かった理由は「人間関係」と言われています。

多くの看護師の方々が人間関係で悩んで、やめてしまっています。

仕事は長時間同じ空間を人とともにしなければならないので、風通しの良い職場で働きたいと多くの人が思うでしょう。

夜勤や拘束時間が長い上に、業務の責任が重いとなると、「もっと良い条件の病院で働きたい」と思いますよね?

今回はこのような方々のために、転職の流れや成功させる方法についてまとめた記事を書きました。

転職した方がいい看護師の状況を3選紹介

「本当に転職してよいのだろうか?」

「ほかの職場でも同じような環境だから、耐えるべきなのか?」

こういった悩みを抱えて、転職できずにいる方もいると思います。

それでは、どういった人が転職すべきなのでしょうか?

以下の3つのいずれかに当てはまったら、転職すべきです。

一緒に確認していきましょう。

①人間関係で問題を抱えている

1つ目の転職した方が良い状況は人間関係の問題です。

看護師は女性の職業として、根強い考えがあり、女性の割合が9割を超えます。

女性社会でも、看護師は上下関係が厳しいといわれており、人間関係がストレスになりやすい職種です。

上下関係が厳しい上に年齢層も10個以上離れている方と接すると、価値観の相違が生じ、理不尽だと感じることも従わなければならない場合があります。

このようなことが積み重なると転職したくもなりますよね。

一般企業と同様に、病院も病院で雰囲気が異なることが多いです。

人間関係で問題を抱えているのであれば、転職をしましょう。

②結婚や出産などで生活の変化があった

2つ目の転職した方が良い状況は結婚や出産などの生活面で状況が変化してしまったことが挙げられます。

結婚したら、パートナーと新しい場所に住居を持つ方もいるでしょう。

出産したら、子育てに注力しなければならないので、今までと同様に働いていては家事との両立ができない場合も考えられますよね?

上記のような転機があった場合、今まで通りの環境で働くのは当然難しくなりますよね。

今まで通り働くのが難しい場合は、今の状況に合わせられる病院に転職しましょう。

③体力的にきつい

看護師の仕事は人の命を扱っているので、とても責任が重いですよね。

看護師は仕事量が多い上に、夜勤や連勤、休日出勤など休めない要因が多くあります。

看護師であれば、勉強会まであり、ワークライフバランスを両立するのが難しいです。

その上、患者さんの状態が急変する場合もあるので、仕事の調整ばかりで休憩中でも、まともに気が休まりません。

病院の中でも、「年中人員不足で人手が足らない」「休日出勤が月に2回以上が当たり前のようにある」といったような激務になりがちな病院の場合は転職を考えましょう。

小規模な病院や田舎周辺の病院ならば、比較的大規模な病院より混みづらいので、業務の負担が軽減される見込みがあります。

体力的な心配もこういった医院に転職すればなくなることも考えられます。

転職を成功させるために準備すべき2つのこと

転職を決断したなら、転職活動をする前に準備すべきことがあります。

もちろん、看護師なので看護師特有の転職対策をしておくことも必要でしょう。

求人サイトや転職エージェント、チラシ、ハローワークなど応募方法は多くありますので、転職方法はありますので、準備が肝心です。

準備しておくことで、スケジュールを組みやすく、スムーズに転職活動を行えるでしょう。

①候補を決めて病院を見学する

1つ目の準備すべきことは、見学をすることです。

医療業界の転職の良いところは、病院を見学できるところですよね。

病院を見学することで、雰囲気を把握でき、自分が働くイメージとも照らし合わせることもできるでしょう。

実は職場見学は受け入れてもらえる医院は多くあります。

ぜひ、交渉してみましょう。

見学することで、自分の目で事実に近い情報を得ることができます。

その職場で働いている人たちは、「コミュニケーションが多いのか」「笑顔で働いているか」「患者さんへの声掛けや挨拶はできているのか」 以上の3点をあらかじめ確認しておくことで、面接を受けるかどうかも検討を付けられるので良いでしょう。

②応募書類を作成する

1つ目の準備すべきことは、応募書類を用意することです。

基本的に準備すべき書類は2点で、履歴書と職務経歴書の2点になります。

履歴書はすぐに書くことができますが、職務経歴書は時間がかかってしまいます。

履歴書は事実を書く欄が多いですが、職務経歴書は過去に携わってきたことや自己PRを書く必要があるので、自己分析をすることが書くために必須です。

これが職務経歴書は時間がかかってしまう原因です。

自己分析は自分の考えを整理することができ、一貫性のある答えを自分の中から求めるときにも有効です。

自己分析は書類作成時にも、面接時にも必須項目になりますので、事前に書きだして言語化しておくとよいでしょう。

看護師の転職活動の流れ

転職活動の流れは以下の通りです。

①求人サイトやエージェント等で求人を探す。

②応募書類作成

③面接準備

④面接

⑤内定通知

⑥内定承諾

⑦退職交渉

⑧退職に伴う引継ぎ

⑨退職

⑩就職(転職)

以上の10ステップとなっております。

退職交渉は退職する2か月前にすることをお勧めします。

病院であれば、どこかでお会いすることもあり、同じ職場で働くことも考えられるので円満退職できるように早めに退職を告げるとよいでしょう。

医院同士でつながりがあることも多いので、前の職場での評判を落とさないようにしましょう。

そのために、「職場で任されたことはきっちりとやる」「引き継がなければならないところはしっかり引き継ぐ」を退職日まで徹底しましょう。

気持ちの良い状態で次の病院に転職することで、また自信をもって、業務に取り組むことができます。

看護師をしながら転職を成功させるコツ3選紹介

「転職したら、より条件の悪い職場になってしまった。」

こういったことは何としてでも避けたいですよね?

忙しい中苦労して、転職活動をしたのに状況が悪くなってしまったら、本末転倒ですよね。

こういったことは何としても避けるべきなので、ぜひ以下からお伝えすることを守ってください。

成功のコツ①転職活動の軸が明確にする

1つ目の成功のコツは軸を明確にすることです。

転職を考えている看護師の方で以下の質問を答えられる準備はできていますか。

「あなたはそもそもなぜ転職したいのですか」
「現状のどこに不満があり、転職するのですか」
「転職先で最も改善したいことは何ですか」

上記の質問に答えられない方は、自分の軸をもっと明確にする必要があります。

不明確な状態だと転職することを決断しても、どの職場にしてよいか判断ができず運に任せるのと同じ状況になってしまします。

不明確な人は自己分析からスタートしましょう。

自己分析をすることで、自分の重視する価値観が明確になります。

ここで明確にした価値観を軸に転職活動をしましょう。

成功のコツ②看護師に特化した転職エージェントを活用する

2つ目の成功のコツは転職エージェントを利用することです。

看護師に特化したといっても転職エージェントは複数ありますので、ひとまず大手転職エージェントに登録するのが良いです。

大手の場合、求人の量が多いことがほとんどなので、紹介いただいた求人から自分に合うと思った求人を候補として選ぶとよいでしょう。

転職は周りに相談しづらい内容なので、エージェントを活用して、情報収集や疑問点を解消することでスムーズに転職活動をすすめることができます。

転職エージェントは3社程度登録してみて、利用のしやすさを比較して、使いやすいものを利用するとよいでしょう。

成功のコツ③転職先を決めてから辞める

3つ目の成功のコツは転職先を決めてから辞めることです。

理由は転職先を決め急いで、望み通りの転職ができないから恐れがあるからです。

退職してから、次の転職先がなかなか決まらないと妥協して転職先を決めてしまう恐れがあります。

このようなケースを避ける意味でも、現職と両立して、転職活動をすることが大切です。

転職で年収を上げる方法

転職活動で年収を上げる方法は資格やスキルを身に着けることです。

具体的には、保健師や助産師、認定看護師、専門看護師等の資格を取得するとよいでしょう。

他には高度な医療の現場の経験を積むことも、転職に有利に働きます。

例えば、オペ室での手術に立ち会って助手ができる看護師は一般よりスキルがあるとみなされます。

スキルがあり、経験でスキルを判断することができれば、転職時にも困らないということですね。

給与が高ければ、働く意欲も向上すると思うので、自ら進んで、スキルと資格取得に励みましょう。

まとめ

まとめの項目は以下の5点となります。

①転職すべき状況・状態なのかを確認すること
②転職前に軸を明確にしよう
③年収を上げるなら、スキルや資格取得をしよう
④退職する際は、早め(2か月前推奨)に申告しよう
⑤転職先を決める前に、退職することはNG

今回は「看護師が転職を成功させる方法と流れや注意点」について紹介してきました。

以上を参考に転職活動をすすめてみるといいでしょう!

重ね重ねになってしまいますが、転職は軸を持つことが大切です。

「何を優先したくて、何なら妥協できるのか」をはっきりして、転職活動に挑みましょう。

ぜひ転職活動を成功させて、より理想の条件で活躍できる人材になってくださいね。

後悔のない転職活動をして、続けられる環境で働きましょう!

社名 年収が高い 残業ゼロ 満足度が高い 評判が良い
並び替えはこちら→
←並び替えはこちら

看護roo!

600万円以上 残業なし
年休130日以上!
96.2% 4.5
口コミを見る
公式サイトはコチラ

看護のお仕事

600万円以上 残業なし 94.3% 4.3
口コミを見る
公式サイトはコチラ

マイナビ看護師

600万以上 残業なし 96% 4.3
口コミを見る
公式サイトはコチラ

看護プロ

400万円以上 残業なし 90% 4.1
口コミを見る
公式サイトはコチラ

医療ワーカー

600万円以上 残業なし 97% 4.0
口コミを見る
公式サイトはコチラ

ナース人材バンク

510万以上 残業なし 93.9% 4.0
口コミを見る
公式サイトはコチラ

ナースパワー

500万円以上 残業なし 80% 4.0
口コミを見る
公式サイトはコチラ

NSキャリア

500万円以上 残業なし 90% 4.0
口コミを見る
公式サイトはコチラ

看護キャリアナビ

500万円以上 残業なし 80% 4.0
口コミを見る
公式サイトはコチラ

看護のお仕事 訪問看護

600万円以上 残業なし 94.3% 3.9
口コミを見る
公式サイトはコチラ

看護roo!

年収 600万円以上
求人数 約5万件
満足度 96.2%
評判 4.5
口コミを見る

看護のお仕事

年収 600万円以上
求人数 約15万件
満足度 94.3%
評判 4.3
口コミを見る

マイナビ看護師

年収 600万以上
求人数 非公開
満足度 96%
評判 4.3
口コミを見る

看護プロ

年収 400万円以上
求人数 非公開
満足度 90%
評判 4.1
口コミを見る

医療ワーカー

年収 600万円以上
求人数 38,000件
満足度 97%
評判 4.0
口コミを見る

ナース人材バンク

年収 510万以上
求人数 約20万件
満足度 93.9%
評判 4.0
口コミを見る

ナースパワー

年収 500万円以上
求人数 38,000件
満足度 80%
評判 4.0
口コミを見る

NSキャリア

年収 500万円以上
求人数 約5万件
満足度 90%
評判 4.0
口コミを見る

看護キャリアナビ

年収 500万円以上
求人数 約5万件
満足度 80%
評判 4.0
口コミを見る

看護のお仕事 訪問看護

年収 600万円以上
求人数 約15万件
満足度 94.3%
評判 3.9
口コミを見る
看護師転職簡単3ステップ
看護師転職簡単3ステップ