年収が高い 残業ゼロ 満足度が高い 求人件数が多い 評判が良い 全国に対応
トップページ 転職サイトメリット 成功させるポイント Q&A
トップページ 年収が高い 残業ゼロ 満足度が高い 評判が良い

 私は大丈夫?看護師に向いている特徴を解説

「看護師になりたいけれど、私って看護師に向いているのかな?」と思った方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。看護師と言っても種類が多いので、今回は一般的な看護師に向いている人の特徴や不向きの特徴を紹介していきたいと思います!
将来の夢は叶えたいけど、「向き」・「不向き」を知っておきたいと思っている方に、この記事をご覧いただいて少しでも不安を解消して将来の夢に進んでください!

看護師の仕事

看護師が病院でどんな仕事をしているのか少しは分かるかもしれませんが、詳しく分かる方は少ないですよね。

また、将来は看護師になりたいけど、看護師ってどんな仕事をしているのかわからない方もいるかと思います。

看護師になる前に、看護師の代表的な仕事について3選紹介していきたいと思います。

①診察の補助

みなさんも病院へ訪れたことがあればわかるかと思いますが、(訪れた際に)看護師は採血を行ったり、体温チェック等をおこなったりしていますね。

この結果を判断材料とし、医師が診断した上で、薬の処方や治療方法を決定します。

また、次回の通院に関する案内や、患者への生活改善指導も診療の補助として看護師の仕事です。

②入院している患者のお世話

看護師は個人で経営する病院にもいますが、大きな病院にも勤めています。

大きな病院には入院施設が完備されているため、入院している患者への対応も仕事の1つです。

このような看護師を、病棟看護師と呼ばれています。

入院している患者は食事や排せつ、入浴など、毎日の生活を病院で送っています。

もちろん自力で行える患者もいますが、病気や怪我の症状によっては、自力で行えない患者も。

そのような患者の補助や、お世話を行うのも看護師の役目です。

また患者だけでなく、患者のご家族もケアの対象。

病気や怪我でご心配されているのは本人だけではありません。

ご家族への心のケアをすることで、不安なく毎日の生活を行えます。

③手室の補助

看護師は病棟や外来での仕事だけではありません。

患者によっては手術が必要とされるケースもありますので、手術室の補助も業務となります。

手術室では医師が神経を集中させて、手術に臨んでいますよね。

看護師は、手術の際には、必要な機材や、適切なタイミングで器具を渡し、補助を行います。

もちろん、手術開始前の機材準備もありますが、手術終了後の患者へのケア、病棟への引継ぎなど、複合的な仕事となります。

④救命救急センターでの補助

最後は救命救急センターでの補助となります。

救命救急センターは重篤で生命の危機となっている患者を受け入れる場所となります。

ここではスピード感を持って、患者の対応を行います。

患者の中には、意識不明の方もいらっしゃるため、いつも以上に患者の日常生活のケアを行います。

その中で、異常はないかをいち早く察知し、医師に相談することも仕事の一つとして挙げられます。

看護師に向いている人のスキル

看護師になりたいみなさんに、看護師として向いている人のスキルを4つに絞って紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

①行動力がある

まず1つ目は行動力がある方になります。

この行動力は、ただ指示されたことを実行することではありません。

もちろんそういった部分も必要となりますが相手は患者であり、1人の人間となります。

さらに、何か病気や怪我を抱えている人になります。

考えや、望みなどつまりニーズは患者によって多種多様です。

その多種多様なニーズを正確に聞き取り、患者が何をしてほしいのかを実行に移す行動力こそが看護師として向いている人となります。

②協調性がある

2つ目は協調性がある方が看護師として向いています。

協調性はどの職種でも必要となりますが、特に看護師で必要とされているスキルとなります。

理由として、看護師は医師の指示のもと「患者の治療」・「日常生活」の補助を行います。

また看護師が行っている日常生活の補助から得た患者の状態を把握し、治療や処置を決定します。

なので、双方の協力がなければ患者の治療や診察は進まないとのことになります。

また、1人の看護師だけが一人の患者を看護するわけではありません。

交代で看護を行ったりするときも出てくる可能性があります。

そういった場合は、患者の特徴などを伝えることで同じレベルでの看護を行うことができます。

患者生活や命が関わっていますので、協調性の高さというのは、看護師で求められるスキルとなります。

③コミュニケーション能力がある

3つ目はコミュニケーション能力のある人です。

これは1つ目と2つ目にも共通してくるスキルになりますが、患者のニーズを聞き出そうにも、会話をしなければそのニーズを正確に捉えることができません。

また、患者だけでなく同じ職場で働いている「看護師同士」・「医師と看護師」・「患者の家族まで」、1つひとつの会話から、患者の治療につながります。

それはコミュニケーション能力がなければできない仕事となりますので、コミュニケーション能力がある方は看護師として仕事を進めることができます。

④体力に自信がある

最後の4つ目は体力に自信がある方になります。

看護師の仕事でも紹介しましたが、場合によっては夜勤務が発生することがあります。

また、患者の日常生活の補助の中で患者の姿勢を変えたり、入浴の補助を行ったりなど、体力がなければできないような仕事も多くあります。

病気や怪我で落ち込んでいる患者を根気よく励ましたり、元気づけたりするのも看護師としての仕事でありますので、体力というのは自ずと必要となってくるスキルになります。

看護師に向いていない人はどんな人?

上記では看護師に向いている人のスキルを紹介してきましたが。

では逆に、看護師に向いていない、苦労する人について紹介していきます。

ただ、だからと言って絶対に看護師になれませんというわけではありません。

もちろん今から資格習得に向けた勉強や生活の中で、身に着けることもできますし、実際に看護師となって仕事の中で必要なスキルを習得することで、立派な看護師となれますよ!

①時間にルーズな人

まず1つ目はルーズな人です。

医師の指示のもと、治療や日常生活の補助を行う中で決まった時間の薬の投与や、採血などが業務として発生します。

そういった業務を後回しにしたり、実際に業務を行わなかったりすると、患者の命にかかわることになります。

また、今後の治療や検査への問題となる可能性はあるため、きっちり時間管理を行って動ける人が看護師として必要とされるでしょう。

②責任感のない人

次に責任感のない人は看護師に向いていないといえるかもしれません。

患者を診ているのは一人の看護師だけではありません。

検査の際は検査先の看護師や医師へ、その日の患者の状態を伝えるケースや、日中の状態を夜勤務の方へ伝えることもあります。

「私の仕事は終わったから、あとの業務は任せました。」などの無責任な行動をしてしまうと、治療や検査・日常生活の補助に影響を与えかねません。

また何度も記載する通り、患者の命や今後の生活が関わっている職種となりますので、責任感のある人が看護師として必要な人材といえます。

③人の気持ちを読み取ることができない人

最後は人の気持ちを読み取ることができない人です。

看護師の中で、患者の状況や症状からうまく気持ちを読み取り、治療や日常生活の補助に反映させる方がいらっしゃいます。

しかし、患者の家族や患者へのコミュニケーションができず苦労される看護師の方も。

看護師の仕事は、コミュケーション能力と患者・家族など周囲の気持ちを汲み取ることも必要ですね!

看護師になるにはどうすればいいの?

看護師になるには、国家試験に受験し、合格をすれば看護師となれます。

しかし、国家試験を受験するためには指定の教育機関で、看護について学ばなければなりません。

では、実際に看護師となるためにどうすればいいのかを簡単に解説していきます。

①大学進学への道

みなさんが最初に思いつくのが大学ではないでしょうか。

大学といっても、4年制大学や短期大学など種類はありますが、看護の科目だけでなく、一般教養も含めた勉強ができます。

「看護も学びたいけど、一般のことも学んで、今後の人生に生かしたい。」と思われる方も多く、短期大学よりも4年制大学に進学する方が増えつつあるのが現況あります。

また、看護師のキャリアアップとして、助産師や保健師などの受験資格も併せて取得できることもメリットですよね!

②専門学校への道

最短で専門的な知識を付けたい方は、専門学校へ進む道もあります。

看護師として必要な知識や技術に絞って勉強するため、短期間で効率良く看護師としてのスキルを身につけることができます。

また大学よりもレベルの高い講師から学ぶことができるため、即戦力として看護の世界へ進める点も専門学校の特徴ですね!

モチベーション維持

看護師を目指す上で必要になってくるのが勉強ですよね。

現在看護師を目指している方の中でこんなことを思っている方はいないでしょか。

「やらないといけないけど難しくてやる気がない」などと思ったことはないでしょうか。

そういった際に大切なのは、「短い時間を自分で決めて取り組んでみる」ことが大切です!

やる気を出して行動に移すために自分の中で決めたルールを作って、モチベーションを管理するといいでしょう!

看護師になりたいあなたへ

いかがだったでしょうか。

将来看護師になりたい方、看護師になるために勉強している方、様々な方にご覧になったのではないでしょうか。

ただ知っていただきたいのが、前述もしましたが向いている人に当てはまらないといって看護師になれないわけではありません。

これからの頑張りによって、人生は様々に変化します。

この記事を読んでいる皆さんが看護師となって活躍することを祈っています!

社名 年収が高い 残業ゼロ 満足度が高い 評判が良い
並び替えはこちら→
←並び替えはこちら

医療ワーカー

600万円以上 残業なし 97% 3.8
口コミを見る
公式サイトはコチラ

看護roo!

600万円以上 残業なし
年休130日以上!
96.2% 4.5
口コミを見る
公式サイトはコチラ

マイナビ看護師

600万以上 残業なし 96% 4.2
口コミを見る
公式サイトはコチラ

看護のお仕事

600万円以上 残業なし 94.3% 4.3
口コミを見る
公式サイトはコチラ

看護のお仕事 訪問看護

600万円以上 残業なし 94.3% 4.3
口コミを見る
公式サイトはコチラ

ナース人材バンク

510万以上 残業なし 93.9% 4.0
口コミを見る
公式サイトはコチラ

看護プロ

400万円以上 残業なし 90% 4.1
口コミを見る
公式サイトはコチラ

NSキャリア

500万円以上 残業なし 90% 4.1
口コミを見る
公式サイトはコチラ

アイデムスマートエージェント看護師

600万円以上 残業なし 90%以上 3.8 公式サイトはコチラ

ナースパワー

500万円以上 残業なし 80% 4.0
口コミを見る
公式サイトはコチラ

医療ワーカー

年収 600万円以上
求人数 38,000件
満足度 97%
評判 3.8
口コミを見る

看護roo!

年収 600万円以上
求人数 約5万件
満足度 96.2%
評判 4.5
口コミを見る

マイナビ看護師

年収 600万以上
求人数 非公開
満足度 96%
評判 4.2
口コミを見る

看護のお仕事

年収 600万円以上
求人数 約15万件
満足度 94.3%
評判 4.3
口コミを見る

看護のお仕事 訪問看護

年収 600万円以上
求人数 約15万件
満足度 94.3%
評判 4.3
口コミを見る

ナース人材バンク

年収 510万以上
求人数 約20万件
満足度 93.9%
評判 4.0
口コミを見る

看護プロ

年収 400万円以上
求人数 非公開
満足度 90%
評判 4.1
口コミを見る

NSキャリア

年収 500万円以上
求人数 約5万件
満足度 90%
評判 4.1
口コミを見る

アイデムスマートエージェント看護師

年収 600万円以上
求人数 非公開
満足度 90%以上
評判 3.8

ナースパワー

年収 500万円以上
求人数 38,000件
満足度 80%
評判 4.0
口コミを見る
看護師転職簡単3ステップ
看護師転職簡単3ステップ